BLACK RIBBON DIARY.

サブカル好きな主婦の雑記です。

Mさん

「人から特別素敵だと見られたい、思われたい」と常々思っていた(と最近気づいた)私。

 

とにかく、見た目を華やかにすることに夢中になっていた。そうすることがアイデンティティの一つでもあったし、そうやって自分の心とプライドを守りながら、生きてきたから。

 

 

以前パートしていた職場にいた、大学生の女の子Mさん。彼女は女優さんのような綺麗な顔をしているのに、出勤する時は部屋着のような服装に使い古したショッパー、ノーブランドのスニーカー。私は勝手に、「勿体ないな。」なんて思いながら見ていた。

 

媚びない、無駄話しない、淡々と確実な仕事をするMさんに魅力を感じていく自分に気づいた。話しかけても愛想もなく、必要最低限の返答しかしないのに、全然嫌な気持ちを与えない。他の学生さんとは一線を画す、クールさと大人っぽさ、確たる自分の考えを貫いている。私が今まで出会ったことがないタイプの子だった。

 

私がその職場で働き始めて、数ヶ月経った頃。掛け持ちで、新しくオープンするアパレルショップで働き始めることになった。私は嬉しくて、職場の人達にそのことを話していた時、近くに居た彼女にも「オープンセールがあるから、是非来てね」と言ってみた。

 

彼女は無表情のまま

 

「なんでですか?」

 

と、即答した。

 

ついさっきまで皆と、セール楽しみだねとワイワイ盛り上がっていただけに、思いもよらない素っ気ない返答に、衝撃を受けた。自分が何と返事したか、忘れてしまう程。

 

それでも私は、そんな彼女に感動していた。私が逆の立場なら「タイミング合えば顔出しますね〜」とか、当たり障りのない返答をするから、相手にもそんな反応を期待していたんだと思う。何のためらいもなく、ばっさり切捨てるMさんに惚れ惚れした。

 

Mさんは、就職先の研修が始まるギリギリまでバリバリ働き、クールに去って行った。言うまでもないが、第一希望の職に就けたみたいだった。

 

 

私はずっと、ナチュラルに自分を貫いてたクールなMさんに憧れていた。本当に素敵な人とは、自分のやるべきことを淡々とこなしながら、目標を持って努力しているMさんみたいな人のことだと気づいた。

 

そして偶然、ショッピングセンターでMさんと再会した時。彼氏さんと一緒にいたMさんは、バイトに来ていたスタイルとは違う、お洒落で可愛い女の子だった。力の入れ方というか、onとoffの使い分けをしていたんだなと気づいて、また更にMさんのことを好きになった。

 

 

いつも、自分の自尊心の高さと、見た目の派手さ、それに釣り合わないチキンな心のアンバランスさに「このままじゃ駄目だ」と思っていた。不完全な自分に、自信を持てずにいた。

 

だから、人の良い所が目につくと、憧れて、自分も取り入れていきたくなる。逆もまたしかり。

 

本当の意味で満足できる自分になれるのはいつだろう?

 

課題だらけだなー。

 

もう期待しない、良い意味で。

また、前の記事を書いてから一年近く経っていた。短い自己主張と、簡単な忘備録は、インスタグラムで事足りてしまうからね。

 

 

この一年の変化は、私にとってかなり目まぐるしかった。振り返りながら書いてみる。

 

 

まず、夏頃からストレスで体調を崩したこともあって、ついに転職。元職場には今も関わっているけれど、関わり方を変えるだけで、随分と楽になった。

 

 

そして、ずっと共依存状態だった祖母と物理的にも、精神的にも離れたこと。蓄積されていたネガティブな感情が限界に達して、些細なことでドカンと大きな喧嘩をしたのがきっかけ。

 

これからも、こんなことが繰り返されるのかと思うと耐えられなかった。祖母の身体のことを考えると離れるのは申し訳なくて、一気に白髪が増える程、悩みに悩んだ。旦那さんにも相談して、家族のことを考えると、離れた方が良い、そうしようと決めた。苦渋の決断だった。

 

祖母のことが大切で、大好きだったからこそ、離れて良かったと今は思える。今までが近過ぎて、離れてからしか、見えないものがあったから。祖母にとっても、そうだと良いな。笑顔で顔を合わせられる時が来たら、またここに書こう。

 

 

そして、やりたいことが見つかったこと。年始と年末に東京に行かせて貰う機会があって、自分の了見の狭さに気づいたり、改めて、表現することで繋がる面白さを感じた。

 

友達のお陰で、導かれたような不思議なご縁もあって、私にとってかなり収穫の多い旅行だった。一人旅させてくれた家族と、わざわざ仕事休んでまる1日付き合ってくれた友達に感謝。

 

 

 

そして、ついこの間、小学生の頃から敬愛して止まない椎名林檎女史のライブに行けた。

 

ライブって、詩の朗読会みたいだなと思う。贅沢な生演奏に乗せて、御本人の素晴らしい声、素晴らしい演出で聴く詩。

 

そして林檎女史の、自分の魅せ方の巧みさに脱帽。!このライブからも、学ぶことが多かった。

 

根が真面目だからね、いつも老子の「我以外皆我師」スタンスです。

 

 

 

思えば私はいつも、何かにイライラしていた。自分に、誰かに、物に、世の中に。

 

もっとこうだったら良いのに、こうしたいこう思われたい、なのに上手くいかない、なぜ○はもっと○○じゃないんだろう。

 

ストレスやイライラの原因はほとんど、「期待してるから」だと気づいた。

 

自分に過度に期待してるから上手くいかない時凹んで、必要以上に自己嫌悪に陥るし、相手に自分の「こうして欲しい」を期待してるから文句やイライラが募る。

 

期待するのをやめたら、本当に、びっくりするほど、心が軽くなった。

 

考え方次第で、感じ方が変わるし、そうしたら性格も変わって、人生も変わるって信じてる。

 

私は私を、きっと、もっと上手く操縦できるようになる。がんばろう。

約束

友達とお茶する約束をしていた。本当は会いたかったけれど、生理痛と貧血が酷かったこともあり、延期にして貰った。

 

大好きな友達だからこそ、体調も勿論のこと、目に見えない自分の持ちネタメーター(メーターは1人に1本ずつある感覚)が満タンに近い状態になっていないと、会おうと思えない。

 

折角時間を作って貰って会っても、つまらないと思われたり、虚無な自分と無駄な時間を過ごさせることになるのではないかと心配で。

 

だって、与える側で居たいから。

 

もっと、1人活動したい。1人の時間が無いと狂いそうになる。私は、私自身と周りの人達の為に、自分を作る時間とエネルギーが欲しい。もっと、もっと。

 

やりたいことはたくさんあるのに、目の前の仕事を片すのに精一杯な日々。そうやって言い訳しながら、今日も終わってく。

 

やっぱり、転職するしかないのかも。

広告を非表示にする

愛しのチョコミント

今日は朝から、セブンティーンアイスのチョコミントが食べたくて仕方なかった。麻薬にハマったらこんな感じなのかもしれない、そんなレベルで頭の中であの白い自販機が浮かんでは消え、浮かんでは消え…を繰り返していた。

 

しかし、この二ヵ月、週に3回のランニングとマッサージ、食事や生活習慣を見直してやっと、数字と、目に見える結果が出てきたのだから、という自制心との戦い。

 

 

迷った挙句、私は旦那さんと買い物に出かけたついでに、「たまにはいいんじゃない」という旦那さんの優しい言葉に安堵し、白い自販機の前に立った。

 

一番甘いものを我慢すべき時間帯に。

 

 

しかし。

 

「…チョコミント無くない?」

 

先に気づいたのは旦那さんだった。

 

本当になかった。

 

これはきっと、

「折角ここまで頑張ってきたのだから、今食べるのはよしなさい」

 

というダイエットの神様の思し召しだと思うと、なんだかホッとした。ホッとした自分にもホッとした。

 

梅雨入りしたからランニングできない日が増えるのは残念だけど、自分をコントロール出来るのは自分なのだ。

 

明日、チョコミントアイスを食べよう。なるべく早い時間に。

 

我慢しすぎも身体に良くないもの。人間だもの。

ずっとね

ふとiPhoneの画面を見たら、はてなブログのアイコンが目に付いた。

 

いつぶりだろう。ずっと「景色」になってた。そこにずっとあったのにね。

 

読み返したら、なんだか愛着が湧いてきて、また気が向いた時に書こうと思ったので早速書いてみる。景色に成り果てていた期間にあった色々は、すっ飛ばして。

 

 

私の中にある、自分らしさを表現したい気持ち=お洒落欲

 

これは本当に厄介だ。暇さえあればそのことを考えてしまうし、お金も時間も情熱も注いでしまう。

 

最近は服が欲しいというより、髪を面白い感じにしたい期。希望を美容師さんに相談したら、痛むからやめた方が良いと止められた。だって、ブリーチもパーマも両方したいんだもの。

 

 

私はずっと地毛の黒髪がアイデンティティのひとつだった。

 

ここ数年、まだ30にもなっていないのに白毛が凄まじい勢いで増えてきて、しかも経産婦だからか、もう黒光りするような黒髪じゃなくなってしまった。そして世の中ダークトーンな髪色が主流となりつつあり(田舎だから?)流行に逆行したい私は、愛してやまない90年代後半の青文字系雑誌に載っていた人達のような、人工的なカラーに惹かれている。

 

自分らしさなんて、曖昧なものだとよく言うけれど、本当にそう。

 

根底にあるものは変わらなくても、表面に滲み出して来るものはその時々で変わるのだ。

 

早く、白毛とブリーチした毛を混ぜて染めて、ふわふわなパーマをかけて、満足してしまいたい。

 

肩紐?いらないです。

最近、ブラジャーが億劫で仕方ない。

 

胸がほんのりしか無い私には、ブラジャーは「胸当て」でしかない。寄せて上げる肉もないからね!

 

そして、ブラジャーの肩紐って、調整が難しい。

 

短くしすぎると腕を上げた時にアンダーが丘を越えそうになるし。ジャスト〜ゆとりがある長さにすると、支えるべき胸肉が無いから、「ただ肩に引っ掛けてある紐」になるので、仕事しているうちにだらしなく垂れ下がって来る。仕事が終わった頃には、仕事着の中でオフショルダー状態。

 

だから、肩紐が外せるブラジャーしか買わなくなった。

 

普段は、カップ内臓のインナーばかり。これが本当に楽でやめられないのだ。(女子力?なにそれおいしいの?)夏用のチューブタイプのブラも割と好き。

 

でもね、昔働いてた夜の飲食店で、ブラジャーの紐を作ってる会社の方達が来たことがあって。ブラジャーの紐の進化について、熱く熱く語られる訳ですよ。この紳士達が、世の中のバストを支えているんだなと偉く感動したのを、今でも覚えてる。

 

ただ、私に必要ないものは必要ないのだ。自分のミニマルな胸には、ミニマルな対応。

 

大きく見せたい、大きくしたい時代はもう、過ぎ去った。だって旦那さん、貧乳好きだから。

ふわふわ、からのヘルメット

幼稚園にお迎えに行くと、待っている間に、次女の仲良しさんのママが横に並んだ。

 

「〇〇ちゃんママ、お久しぶりです!」

 

って声をかけたら、一瞬、「誰?」って顔になったのを私は見逃さなかった。

 

実際、「髪型変わりましたよね!声かけられるまで気づかなかった!」って言ってくれたし。(正直な人、好きだ。)

 

3年くらい、ふわふわパーマのロングだったから、そのイメージが定着していたらしい。

 

大半の人って、髪型と雰囲気で覚えるとこあるよね。私もその部類に入るし、人の顔と名前覚えるのが得意ではない。だから最近はたまにしか顔を合わせない方に初対面扱いされたり、「誰?」って顔されてもノーダメージだし、むしろなんかそういう反応が面白くなってきた今日この頃。

 

それにしても、人の顔と名前覚えるコツってなんだろう。

 

たまにしか行かないお店に、久しぶりに顔を出した時。ちゃんと覚えて貰えてると、やっぱり嬉しい。そういうスーパーな記憶力備えてる方は、接客業天職だと思う。

 

あたしももっと人を覚えたいし、愛をもって楽しく生きていく為にも、必要なスキルな気がする。

 

まあ、なんだかんだ言って、ヘルメットみたいなショートボブ、お気に入りです。