愛しのチョコミント

今日は朝から、セブンティーンアイスのチョコミントが食べたくて仕方なかった。麻薬にハマったらこんな感じなのかもしれない、そんなレベルで頭の中であの白い自販機が浮かんでは消え、浮かんでは消え…を繰り返していた。

 

しかし、この二ヵ月、週に3回のランニングとマッサージ、食事や生活習慣を見直してやっと、数字と、目に見える結果が出てきたのだから、という自制心との戦い。

 

 

迷った挙句、私は旦那さんと買い物に出かけたついでに、「たまにはいいんじゃない」という旦那さんの優しい言葉に安堵し、白い自販機の前に立った。

 

一番甘いものを我慢すべき時間帯に。

 

 

しかし。

 

「…チョコミント無くない?」

 

先に気づいたのは旦那さんだった。

 

本当になかった。

 

これはきっと、

「折角ここまで頑張ってきたのだから、今食べるのはよしなさい」

 

というダイエットの神様の思し召しだと思うと、なんだかホッとした。ホッとした自分にもホッとした。

 

梅雨入りしたからランニングできない日が増えるのは残念だけど、自分をコントロール出来るのは自分なのだ。

 

明日、チョコミントアイスを食べよう。なるべく早い時間に。

 

我慢しすぎも身体に良くないもの。人間だもの。